集中力の必要性は、誰もが感じていることでしょう。学生でも、起業家でも、毎日8時間机に向かっている人でも、気が散らずに集中して仕事をしたいというニーズは普遍的なものだと思います。

そこで今回は、仕事に集中し、先延ばしにしないための12のヒントをまとめました。あなたの仕事への取り組み方の参考になれば幸いです。

ヒント1: 携帯電話の電源を切る

携帯電話の電源を切る。これはよく知られていることですが、重要なことなのでもう一度言います。

何かを始める前に携帯電話を機内モードにしておくと、通知に気を取られたり、Instagramをチェックしたくなったりすることがありません

ヒント2: 一度に1つのタスクに集中する

マルチタスクはやめましょう。先延ばしにしてしまう原因のひとつは、脳が一度にひとつのタスクに集中できないことにあります。

メール、Slack、Word文書、Excelスプレッドシートなど、常に切り替えているような場合は、一旦休憩して、1時間後に戻ってきましょう。

私たちが大切にしているのは、仕事をしすぎないことです。

ヒント3: メールまたはSlackを「Do Not Disturb」に設定する

メールやSlackを常にチェックしている人は、「Do Not Disturb」にしておきましょう。5分ごとに通知が来て、やるべきことに気が回らなくなるほど嫌なことはありません。

簡単なことのように思えますが、これがあるかないかで、大きな違いが生まれます。

遮断用のアプリを使うのもお勧めです。

ヒント4:もっと長く眠れ!

僕たちの大多数は睡眠不足です。睡眠不足を新しい常識として賛美する社会に生きていますが、体にも心にも本当に健康的ではありません。

疲れて仕事に集中できず、何もできないと悩んでいる人は、もっと寝ましょう。

ヒント5:同僚のメールにすぐに応答しないで

同僚からのメールにはすぐに返信しないでください。緊急と思われるメールもあるかもしれませんが、後からでも返信できるかもしれません。

どちらがあなたの仕事のためになるでしょうか?緊急で一刻を争うような場合は、Gmailの「Do Not Disturb」機能を利用したり、携帯電話の通知をオフにしたりして、集中できるようにしましょう。

ヒント6:コーヒーを飲もう!(本当に必要なときは…)

A cup of coffee on a pale background

仕事で疲れたらコーヒーを飲むべきですコーヒーには、創造性を高めたり、眠気を覚ましたりする力があります。

ヒント7:もっと水を飲む

一日中、水を飲みましょう。水はエネルギーを維持し、消化を助け、頭をスッキリさせてくれます。

1日に少なくとも2リットルの水を飲むことをお勧めします(3リットルでなくても!)。

ヒント8:タスクのリストを作成する

タスクのリストを作成する。を作成し、完了したらそれを消していきます。

タスクのリストを作成し、項目を消していくことで、うまくいかないことやまだ完了していないことを心配することなく、やるべきことに集中することができます。

ヒント9:仕事場の整理整頓

オフィスが整理整頓されていると、床に物がなくても気分が良くなります。やるべきことに集中できるようになります。

さらに、きれいな状態で仕事を始めると、より幸せな気持ちになれるでしょう。

ヒント10:自分に厳しい期限を設定する

物事を終わらせるのが苦手なタイプの人は、期限を設定すると効果的です。例えば、“金曜日までにこのプロジェクトを終わらせる “とか、“明日の朝からプレゼンに取り掛かる “などです。

ヒント11:自分へのご褒美

私のように、仕事でタスクを完了したり、何かを終えたりすると、真っ先に思い浮かぶのは「自分はご褒美をもらう資格がある!」ということですよね。

難しい仕事を終えたら、自分へのご褒美を忘れずに。

ヒント12: ソーシャルメディアを2、3時間捨てる。

Social media likes showing 0 on a bright neon sign

これは、仕事に集中し、1分おきにFacebookやInstagram、Twitterをチェックしたいという誘惑を止めるために行う重要なことですこのヒントは。

もちろん、あなたがカスタマーサービス業界にもいる場合はできないかもしれません。